武蔵小山駅徒歩3分の歯医者!こどもから成人まで「武蔵小山ファミリー歯科・矯正歯科」

THANKS SMILES

当院では、歯並びをきれいにすることはもちろん、咬み合わせや顎関節、顔貌との調和から全身のバランスまで考えた総合的な矯正治療を行っています。
適切な矯正治療は見た目やかみ合わせを改善し、さらに将来的に自分の歯を健康で長持ちさせることにも繋がります。

より快適で、より美しく、より健康に。
あなたの素敵な矯正ライフを全力でサポートさせていただきます。

マウスピース矯正「インビザライン」

インビザラインシステムは、取り外し可能で透明なマウスピースタイプの矯正装置を使用し、金具やワイヤーを使用せずに歯並びを治療する矯正方法です。
非常に目立ちにくく、装着していることに気づかれることもほとんどありません。
使い方はとてもシンプルです。
薄い透明のマウスピースを1日20時間以上装着し、1~2週間ごとに新しいマウスピースに交換しながら、ゆっくりと歯を動かしていきます。
世界中の大学や学術団体で実証されている治療法なので、安心して治療を受けることができます。
子どもから大人まで、幅広い年齢層に対応した矯正システムです。

こんな方にオススメです

口元を気にしないで思いっきり笑いたい!

インビザラインで、キレイな歯並びに!

ワイヤーは付けたくない。健康な歯は抜きたくない

インビザラインは目立ちません。必要のない抜歯はしません。

痛みのない治療がいい

ワイヤー矯正に比べ痛みも非常に少ないです。

歯も白くしたい

同時にホワイトニングも可能です。

インビザラインのメリット・デメリット

インビザラインには多くのメリットがありますが、同時にデメリットも理解した上で利用すれば、より安心して治療を受けることができます。

インビザラインのメリット

目立たない

インビザラインは約0.5mmと薄く、透明で目立たないため、違和感が少なく矯正していることにも気付かれにくいです。

自分で取り外しができる

取り外し可能なので、お食事はいつも通りとることができます。
歯磨きもしやすく、ワイヤー矯正に比べ矯正中の虫歯や歯周病のリスクも少ないです。

痛みが少ない

インビザラインでは最適な力を少しずつ歯にかけながら動かしていくため、ワイヤー矯正に比べ痛みは少なく、装置が当たって口内炎になることもありません。

シンプルで安全

金属製のワイヤーやブラケットを使用しないため、治療中に装置が外れるなどのトラブルがありません。
また、金属アレルギーの心配もありません。

ホワイトニングも同時に行える

ホワイトニングジェルを使用すれば、歯の矯正と同時にホワイトニングも可能です。

インビザラインのデメリット

毎日しっかり装着する必要がある(1日20時間以上)

食事時と歯磨き時以外はマウスピースを装着し続けることで歯が動いていきます。
装着時間が守れないと、治療の期間が大幅に伸びるだけでなく、最終的な仕上がりにも差が出ます。自分で装着時間を管理することが難しい方にはマウスピース矯正はオススメできません。

求められる専門性

インビザラインは通常の矯正方法とは全く異なるメカニズムで歯を動かしていきます。専門的な技術や知識に加え、しっかりと経験を積んだ先生のもとで治療していただくことが大切です。

インビザラインとワイヤー矯正の違い

インビザライン ワイヤー矯正
見た目 透明で目立ちにくい 装置が目立つ
痛み 非常に少ない 締め付けの痛みがある
口内炎ができやすい
通院 2~3ヶ月に一度程度 1ヶ月に一度程度
治療期間 半年~3年程度
(症例により大きく異なる)
半年~3年程度
(症例により大きく異なる)
食事 制限なし
食事中は外せる
制限あり
食事中もつけっぱなし
金属アレルギー 問題なし 金属アレルギーの方は不可
ホワイトニング 矯正と同時に行える 矯正中は不可
歯磨き 今まで通りできる 専用の歯ブラシが必要
吹奏楽 演奏時は外せる 外せないためそのまま演奏
スポーツ 制限なし 激しいスポーツは怪我のリスクあり

PRICE

上下全顎のマウスピース矯正
(インビザライン)

¥780,000円(税込)

項目 金額
矯正相談 無料
精密検査 ¥33,000(税込)
毎回の通院・診療費 ¥5,500(税込)
保定装置(リテーナー) ¥44,000(税込)
お支払い方法

クレジットカード / デンタルローン / 現金振込

矯正治療における当院の7つの強み

すべての処置を院長が担当

武蔵小山ファミリー歯科・矯正歯科では、矯正相談から治療まですべて院長が担当しています。
行く度に先生が違う、伝えた内容が引き継がれていない、等の心配はいりません。
また、矯正治療は毎営業日行っているため、通院しやすく急なトラブルにもすぐ対応できます。
虫歯や歯周病の治療も行っており、万が一矯正中に虫歯などになってしまった場合でも矯正しながら治療が可能です。

マウスピース矯正で数多くの実績

院長はシェアトップのマウスピース矯正メーカー「インビザライン」の認定ドクターの称号を取得しており、マウスピース矯正で数多くの実績を残しています。
他院でマウスピース矯正はできないと断られた方、出来る限り歯を抜かずに矯正したい方、当院でなら希望に沿った矯正治療ができるかもしれません。

かみ合わせや顎関節、全身のバランスまで考えた矯正治療

当院の矯正治療は見た目をきれいにするだけではなく、お口と歯、顎関節と顔貌、全身のバランスまで考えて行っています。
きれいな歯並びは虫歯や歯周病のリスクを減らし、よく噛めることは全身の健康にも直結します。

患者様のご希望やライフプランに合わせた治療計画のご提案

矯正といっても患者様のご希望は様々です。当院では、矯正するにあたり患者様のご希望する内容をしっかりと伺い、一人ひとりに合わせた治療計画を立てていきます。
また、矯正治療中の結婚式や撮影、出張などにも柔軟に対応いたします。

いつでもLINEで質問可能

「通院するほどじゃないけれど、どうしたらいいのだろう?」
「マウスピースを変更する日がわからなくなってしまった」
「少し痛みがあるけど我慢していいのかな?」
など、矯正治療中にちょっとした疑問が出てきた場合はいつでもLINEで質問可能です。
※急を要する場合はLINEではなくお電話ください。

矯正治療と並行してセラミック治療やホワイトニングが可能

当院では、矯正治療と並行してホワイトニングも受けていただけます。
また、審美治療・セラミック治療にも精通しており、「今ある銀歯を白くしたい」「形の悪い歯を矯正と一緒に整えたい」などといったご要望にも対応することができます。

お子様の矯正治療もマウスピース型で可能

食の多様化や食物の軟化により、噛む回数が少なくなり、歯の土台である「顎」が小さい子どもが増えています。
顎の成長不足により歯の生えるためのスペースが足りず、歯並びが悪くなってしまうのです。
小児矯正で大切なのは「適切な顎顔面の成長」です。

治療の流れ

まずはこちらからご予約をお願いします

初めてご来院されるお客様は、予約フォームにて予約日をお選びください。

お問い合わせはLINEでお気軽に

ご予約前に聞きたいことや不安な点などあればLINEでお気軽にお問い合せください。

Step1

1回目 矯正無料相談

矯正無料相談では、口腔内スキャナーでお口の中を3Dスキャンさせて頂き、その写真を元にご説明させて頂きます。患者様のお口の中の状態から、矯正治療を行うにあたり分からないことや疑問点など何でもお答えいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

Step2

2回目 精密検査

精密検査を受けて頂き、より詳しくお口の状態をチェックしていきます。
検査結果を分析し、患者様に合わせた治療計画を立てていきます。
ご希望がございましたら、1日目の初診相談と同日に精密検査までノンストップに行い、患者様の貴重な来院回数とお時間を短縮できます。
お気軽にお申し付けください。

Step3

3回目 治療計画・治療方法のご説明

精密検査を受けて頂き、より詳しくお口の状態をチェックしていきます。
検査結果を分析し、患者様に合わせた治療計画を立てていきます。
ご希望がございましたら、1日目の初診相談と同日に精密検査までノンストップに行い、患者様の貴重な来院回数とお時間を短縮できます。
お気軽にお申し付けください。
Step4

ご契約・ご入金後、矯正スタート

精密検査を受けて頂き、より詳しくお口の状態をチェックしていきます。
検査結果を分析し、患者様に合わせた治療計画を立てていきます。
ご希望がございましたら、1日目の初診相談と同日に精密検査までノンストップに行い、患者様の貴重な来院回数とお時間を短縮できます。
お気軽にお申し付けください。

Step5

治療スタート マウスピースのお渡し

ご契約が完了いたしましたら、マウスピースの制作に取り掛かります。概ね5週間程かけてマウスピースを作成しますので、5週間後以降に4回目のご予約を入れて頂き、マウスピースをお渡しして矯正スタートとなります。
*この4回目の来院時から5,500円(税込)の通院・診療費が発生いたします。

よくあるご質問

お支払いは銀行振込も出来ますか?
はい、銀行振り込みにも対応しております。
銀行振込の場合は、お振込み口座をお伝えさせて頂きます。ご不明点は無料相談時にご質問ください。ご契約後、お支払い方法に関して詳しくアナウンスさせて頂きます。
他に、費用はかかりますか?
精密検査費用に33,000円、通院毎に5,500円、矯正治療終了後の保定装置費用に44,000円を頂いております(いずれも税込)。治療期間中の通院頻度は、6週間〜8週間に一度となっております。
通院頻度は症例によって変わりますので、ドクターとご相談ください。
抜歯は必要ですか?
抜歯が必要かどうかは、精密検査をした上で判断させていただきます。
非抜歯のご希望があれば出来る限りそのように行いますし、治療プランは柔軟に対応いたしますので、どうぞご安心ください。
また、抜歯する場合はワイヤー矯正でないと治療できないという医院が多くありますが、当院ドクターはインビザライン(マウスピース矯正)の治療経験が豊富のため、抜歯症例に関しても過去殆どがインビザラインで対応しきれております。お悩みの場合は、まずは無料相談にお越しください。
矯正治療に痛みはありますか?
痛みはワイヤー矯正に比べると少ないですが、多少「締め付けられる感じや、押される感じ」はあります。
治療が終わるまでどのくらいの期間がかかりますか?
平均で18か月から24ヶ月で終了される方が多いですが、お子様の場合は成長があるので、中学2年生くらいで終了する方が多いです。
虫歯があるのですが矯正治療はできますか?
虫歯がある場合は先に虫歯治療を行います。
矯正治療途中に虫歯ができた場合はその都度、治療を行っていきます。
担当歯科医師が責任もって歯並びだけでなく虫歯治療も行いますのでご安心ください。
何歳までなら矯正治療は可能ですか?
矯正治療に年齢制限はありません。最近では50代~60代の方々も多くなっています。マウスピース矯正は見えにくい装置を使うため、人の目を気にすることなく治療することができます。
スポーツをやっていますが矯正治療できますか?
マウスピースは歯を守ることができるため、スポーツをしていても問題なく治療可能です。
矯正していることが他の人にわからないようにしたいのですが?
マウスピース矯正であれば見えにくい装置を使うため、人の目を気にすることなく治療できます。
費用を分割払いにすることはできますか?
費用はデンタルローンでの分割払いも可能です。
ご不明点は無料相談時にご質問ください。ご契約後、お支払い方法に関して詳しくアナウンスさせて頂きます。
矯正治療中に食事の制限はありますか?
マウスピース矯正ではワイヤー矯正と異なり、食事制限はありません。
矯正専門の先生に治療してもらった方が良いのでしょうか?
矯正治療は多くの患者さんを診ている先生のほうが安心であることは間違いありません。
またその先生がマウスピース矯正をどの程度行ったことがあるのかも重要です。
もしマウスピース矯正をご希望でしたら「マウスピース矯正のできる先生」「マウスピース矯正の患者さんをたくさん治療している先生」に相談されることがもっとも大切です。
矯正治療はしたいのですが、歯を抜きたくありません。
抜歯をしなくても矯正治療は可能です。
歯と歯の間に隙間を作ったり、奥歯を後方に移動させることでスペースを作り治療を行っていきます。
※患者様によっては抜歯が必須の場合もありますので、どうぞお気軽にご相談ください。
子供の歯並びが気になります。いつ頃から矯正したらいいのでしょうか?
お口の状態やお子さんの成長度合いにもよりますが、当クリニックでは6歳ころから子供の矯正治療を行う方が多く、大人の矯正治療は一般的に11歳以降で開始します。
矯正装置で発音が悪くなるのが心配です。
マウスピース矯正はワイヤー矯正に比べて発音に影響は出にくいですが、それでも2週間程度は慣れが必要です。
差し歯があるのですが、矯正治療で動かすことはできますか?
差し歯は問題なく動かすことができます。動かすことのできない歯は「インプラント・ブリッジ」です。

矯正治療が必要な方

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)とは歯と歯が重なり合うように生えてきている状態です。
歯が複雑に重なり合ってしまっていると、ご自分で歯を磨く際に歯と歯の間の食べかすや汚れを落とすことが難しくなってしまい、自然と虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。
成長中の子どものうちは拡大装置やマウスピースを用いることで顎の成長を促し、歯が綺麗に並ぶようにスペースを作ります。
顎の成長が終わった人はワイヤーやマウスピース矯正装置を使用し歯を動かして歯並びを整えます。スペースが著しく足りない場合には抜歯してスペースを確保することもあります。

出っ歯

出っ歯は上顎が下顎よりも前に突き出た状態であり、口をしっかり閉じることができず隙間が空いてしまいます。
下顎が上顎に比べて十分に成長しなかった、上顎が過剰に成長してしまった、上の前歯が傾き過ぎているなどが主な原因です。
口を閉じることができないと口の中が乾燥してしまい、虫歯になりやすくなったり、口臭が強くなったりします。
子どものうちは矯正装置を用いて上下の顎の骨のバランスを整えたり、歯の位置や角度を改善するなどの治療を行います。
大人はワイヤーやマウスピース矯正装置を使用し前歯の位置や角度を改善したり、場合によっては抜歯して口元を下げていきます。

受け口

上顎よりも下顎が前に出てしまっている状態を受け口といい、人と話すときに発音がしづらくなってコミュニケ―ションを取りづらくなります。
顎が成長中の子どもは、矯正装置を用いて前に出てしまっている下顎の成長を抑制し、上顎の成長を促すことで顎の位置を調整します。近年は負担が少ないマウスピースを使った治療が一般的になってきています。
大人の場合は、ワイヤーやマウスピース矯正装置を使用し上下のバランスを整えていきます。
場合によっては抜歯や、顎の骨を切断する外科処置が必要になる場合もあります。

すきっ歯

「すきっ歯」は、文字通り歯と歯の間に隙間があいている状態のことを指します。
歯の隙間から空気が漏れてしまい、発音がしづらくなります。
ワイヤーやマウスピースを使用した矯正装置で歯を動かし歯と歯の隙間を埋めていきます。
すきっ歯の原因が上唇小帯の場合は上唇小帯を切除することもあります。

矯正装置の種類

メタルブラケット

もっとも古くから使われている矯正装置の一つです。
薄くて頑丈で、比較的短い期間に安価に治療を行うことができますが、装着中の様子が目立ちます。

セラミックブラケット

メタルブラケットと同じ形状ですが、歯にかかる部分にセラミックが使用されており比較的自然な見た目を保てます。
ただし、ワイヤーを使用するので「全く目立たない」装置ではありません。

裏側矯正

歯の表面ではなく裏側にブラケットを装着します。
外から装置が見えないため矯正していることが気づかれません。
治療費用は割高であり、通常の矯正装置よりも治療期間が長くなる傾向にあります。
また、歯の裏側に装着するため違和感がとれるまで時間がかかる方もいます。

マウスピース矯正

「ワイヤーを使用しない透明なマウスピース型の矯正装置です。
ご自身で取り外しが可能で、端から見てもほとんど気付かれることがありません。
当院での第一選択はマウスピース矯正となります。

部分矯正

1本~数本の歯並びだけを整えたいという場合に適した矯正治療です。
治療期間や費用が少なく済ませることができます。

大人と子どもの矯正治療の違い

「矯正治療は子どもが受けるもの」と思われている方もいらっしゃいますが、患者さま一人一人の症状や年齢に合わせた治療法があり、実は様々な年代の人が受けられます。
マウスピース矯正の普及により従来より気軽に矯正治療を始められるようになり、子どもはもちろん50代、60代の方の矯正も増えています。
子どものうちは歯や顎が成長段階にあるため、歯を動かしやすく、装置やマウスピースを装着することで顎の成長までコントロールすることが出来ます。
根本的な原因から治療し改善することができることが「矯正は子供のうちに行った方がよい」と言われている理由です。
歯や顎の成長が終わっている大人の場合、歯列を拡大したり、歯を少しずつ削ったり、奥歯を移動させたり、抜歯を行うことで歯を動かすスペースを作って歯を並べていきます。上下の顎のズレが大きい方では外科的手術で顎の骨を切断する治療方法を提案させていただく場合もあります。
小さなお子様がいる方は定期的に歯科医院で検診していただき、顎の成長具合や歯の生え方、生え変わり方をチェックしてもらうことをおすすめします。
適切なタイミングで処置を行うことで将来歯並びが悪くなることを未然に防ぎ、生活習慣や癖を見直すことで顎顔面の正常な発育を促します。
将来治療が必要になるかどうか、今後気をつけなければならないことなどを知っておくことで、早いうちから準備をして悪化しないように自分でチェックすることも可能です。